漢方治療

脳卒中(脳血管障害)を発作すると、たとえ死亡こそは免れても、程度の差はあれなんらかの後遺症が残ることが多いようです。意識障害、片麻痺や失語症などです。多くは、急性期をすぎると消滅するのですが、慢性期になっても残ってしまったものを「脳卒中後遺症」といいます。

ある程度病状が落ち着き、回復期になってからの脳卒中の治療、あるいは後遺症の治療に対しては、漢方治療が用いられることがあります。

脳卒中は脳血管障害とも呼ばれます。血管そのものが脆弱になっている、血液の成分に何らかの異常があり、血流が流れにくくなっている、血圧が高い、固まりやすくなっている、といったことが原因で、症状が生じたものを考えられます。漢方治療においては、これらの症状を脳の領域だけの問題と考えず、全身の血管や血液の状態と考えます。したがって、血管を強化し、血液の粘りを低下させる、降圧作用がある、漢方薬が用いられます。

漢方治療では、同じ症状でも、患者さんご本人の体力によって、薬が変わります。たとえば、同じ片麻痺の場合でも、体力が充実していて口の渇きがある人(実証)は、「続命湯」という漢方薬をもちいるのに対し、体力が中以下の間証、虚証の人で手足が冷える人に対しては、「小続命湯」という漢方薬がも使われます。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。