水分補給

脳卒中の発病後の食事のポイントとして、充分な水分を補給します。

水分は、血液循環を良くし、血液の凝集能(血液が固まる作用)を抑制するのに非常に重要なはたらきをします。そのためたっぷりの水分を摂取する必要があります。
また、脳卒中の後遺症で摂食障害が残り、全体的に食物の摂取が減ると、水分の摂取が少なくなり、脱水症状をおこしやすくなるため、
意識して水分を補給することが必要です。でも、アルコールや甘いのみものは、肥満の原因となりますから、控えめにしましょう。

しかし、脳卒中の後遺症で、摂食障害、特に嚥下(えんげ・・・食べ物を飲み込むこと)に障害がある場合、水分、および水分が多いものは、
むせやすいので、注意が非常に必要です。むせ返りを防ぐためには、水分にある程度の濃度があるほうが良いかもしれません。

温かい料理は、たとえばスープなどは、片栗粉でとろみをつけたり、卵や牛乳を加えて濃度を増す工夫をします。
コンソメスープよりも、ポタージュスープのほうが、とろみがあって、嚥下したすいでしょう。また、茶碗蒸しは、咀嚼に障害がある方でもおいしくいただけますし、
栄養もあって、お推薦します。

冷たい料理なら、ゼラチン寄せや寒天寄せにしてはどうでしょう。甘いデザートとしてに限らないに、白身の魚や鶏のささみ肉をゆでてほぐし、コンソメ味のスープで煮てそのままゼラチンで固めると、栄養豊かな主菜になります。

また、熱すぎるものや逆に冷たすぎるもの、酸味のあるものは、むせやすいので、避けたほうがいいです。



Posted by nosotchus at 13:14